globeで唯一ハッピー…マーク・パンサーに見る危機管理力

公開日: 更新日:

 デビュー20周年を迎えた伝説の音楽ユニットglobeのラップ担当、マーク・パンサー(45)が活動を本格化し始めた。9日には小室哲哉とともにデビュー20周年プロダクト第1弾「Remode1」のリリース記念ライブを新宿で開催した。くも膜下出血で療養中のKEIKOは録音されたコメントだけの参加だったが、globeのライブは6年ぶりだった。

 マークはソロとしても活動を積極化させている。12日にはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」をエレクトリックダンスミュージックにアレンジして、世界110カ国以上に同時配信させた。

 ユニット活動を休止していた期間も、マークは生まれ故郷のフランスに拠点を移して、地道な事業を展開していた。小室が当時稼いだカネを蕩尽したのとは対照的だ。

「ダブルミリオンを連発していたglobe全盛時代の収入は莫大でした。マークもサウナにジムに露天風呂付きのビルや何台もの高級外車を買い漁っていた。でも、小室のようにならなかったのは、子供の頃からビジネスの視点でモデルとして仕事をしていたからでしょう」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る