globeで唯一ハッピー…マーク・パンサーに見る危機管理力

公開日: 更新日:

 デビュー20周年を迎えた伝説の音楽ユニットglobeのラップ担当、マーク・パンサー(45)が活動を本格化し始めた。9日には小室哲哉とともにデビュー20周年プロダクト第1弾「Remode1」のリリース記念ライブを新宿で開催した。くも膜下出血で療養中のKEIKOは録音されたコメントだけの参加だったが、globeのライブは6年ぶりだった。

 マークはソロとしても活動を積極化させている。12日にはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」をエレクトリックダンスミュージックにアレンジして、世界110カ国以上に同時配信させた。

 ユニット活動を休止していた期間も、マークは生まれ故郷のフランスに拠点を移して、地道な事業を展開していた。小室が当時稼いだカネを蕩尽したのとは対照的だ。

「ダブルミリオンを連発していたglobe全盛時代の収入は莫大でした。マークもサウナにジムに露天風呂付きのビルや何台もの高級外車を買い漁っていた。でも、小室のようにならなかったのは、子供の頃からビジネスの視点でモデルとして仕事をしていたからでしょう」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき