• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

globeで唯一ハッピー…マーク・パンサーに見る危機管理力

 デビュー20周年を迎えた伝説の音楽ユニットglobeのラップ担当、マーク・パンサー(45)が活動を本格化し始めた。9日には小室哲哉とともにデビュー20周年プロダクト第1弾「Remode1」のリリース記念ライブを新宿で開催した。くも膜下出血で療養中のKEIKOは録音されたコメントだけの参加だったが、globeのライブは6年ぶりだった。

 マークはソロとしても活動を積極化させている。12日にはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」をエレクトリックダンスミュージックにアレンジして、世界110カ国以上に同時配信させた。

 ユニット活動を休止していた期間も、マークは生まれ故郷のフランスに拠点を移して、地道な事業を展開していた。小室が当時稼いだカネを蕩尽したのとは対照的だ。

「ダブルミリオンを連発していたglobe全盛時代の収入は莫大でした。マークもサウナにジムに露天風呂付きのビルや何台もの高級外車を買い漁っていた。でも、小室のようにならなかったのは、子供の頃からビジネスの視点でモデルとして仕事をしていたからでしょう」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る