フジ最後の砦 W杯バレーで「ジャニーズライブ」復活の裏事情

公開日: 更新日:

「社運をかけたイベント」らしい。バラエティーもドラマも軒並み惨敗中のフジテレビ。ドラマ「恋仲」は初回視聴率が9.8%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と「月9」史上初の1ケタ発進となり、「バイキング」や「直撃LIVEグッディ!」も低視聴率続きだ。

 そんな傷だらけのフジが“最後のとりで”として期待を寄せるのが、22日に開幕した「バレーボールW杯」。アイドルグループ「Sexy Zone」がスペシャルナビゲーターを務め、人気の高い中島健人(21)、佐藤勝利(18)、菊池風磨(20)の3人は日本戦全戦でテレビ中継の副音声を担当する。

 しかも、試合前にアイドルたちが歌う「コートパフォーマンス」がW杯では2大会8年ぶりに復活。“引き”の強いジャニーズを武器に再起を図ろうというフジの気迫が伝わってくる。が、必死になるあまり、内部からはこんな不満も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る