碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

天海祐希主演「偽装の夫婦」 見どころは“曲者揃い”の登場人物

公開日:  更新日:

【連載コラム「TV見るべきものは!!」】

 秋ドラマの中で注目度も高い「偽装の夫婦」。第1のポイントは、遊川和彦のオリジナル脚本である。大ヒット作「家政婦のミタ」(日テレ系)は4年前。その後のNHK朝ドラ「純と愛」も、「○○妻」(日テレ系)もやや肩透かしだったからだ。図書館司書のヒロ(天海祐希)は、才色兼備のせいでねたまれたり疎まれたりしてきた。今は自分の能力を封印し、他者と距離を置いて暮らしている。連ドラ主演は久しぶりの天海だが、芝居場での“支配力”に衰えはない。出てくるだけで画面がぐっと引き締まる。

 そんなヒロが25年ぶりに元恋人・超治(沢村一樹)と再会。彼はいきなり自分がゲイだと告白し、余命短い母親(富司純子)のためにと“偽装結婚”を依頼してくる。さらに、超治が勤める幼稚園に娘を通わせる母親(内田有紀、好演)は、ヒロに向かって「あなたが好き」などと言い出す。ゲイに続いてレズ? そしてDVも登場しそうだ。なかなか刺激的でトリッキーな仕掛けではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る