東京国際映画祭に冷や水 デーブが“佐野氏ロゴ”でジョーク

公開日:  更新日:

 22日に開幕した「第28回東京国際映画祭」のレッドカーペットイベントでは、ヘレン・ミレン、ヒラリー・スワンクなど世界各国の名優やハリウッドスターまでも集結したが、この華やかな舞台に冷や水を浴びせたのが、タレントのデーブ・スペクター(61)だった。

「スペシャルゲスト」という枠で、妻の京子・スペクターさんとレッドカーペットを歩くと、集まった報道陣に「ちょっと買い物しに来たら人がいっぱいいたんで来ちゃった」というおなじみの笑えないジョークを飛ばした後、「あと、このエンブレムは(使っても)大丈夫かなあと思って。どっかで見たことある」とやらかしたのだ。

 エンブレムとは、「東京国際映画祭」が使用しているロゴのこと。制作者は東京五輪のエンブレムで「パクリ騒動」を起こしたあの佐野研二郎氏なのだ。

 デーブは少しでも笑いを取ろうとこのパクリ問題を蒸し返してみせたのだろうが、発言の一部始終をマイクが拾ってしまい、それが会場のメーンモニターにバッチリ映ってしまったため、いかにもバツが悪そうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る