東京国際映画祭に冷や水 デーブが“佐野氏ロゴ”でジョーク

公開日: 更新日:

 22日に開幕した「第28回東京国際映画祭」のレッドカーペットイベントでは、ヘレン・ミレン、ヒラリー・スワンクなど世界各国の名優やハリウッドスターまでも集結したが、この華やかな舞台に冷や水を浴びせたのが、タレントのデーブ・スペクター(61)だった。

「スペシャルゲスト」という枠で、妻の京子・スペクターさんとレッドカーペットを歩くと、集まった報道陣に「ちょっと買い物しに来たら人がいっぱいいたんで来ちゃった」というおなじみの笑えないジョークを飛ばした後、「あと、このエンブレムは(使っても)大丈夫かなあと思って。どっかで見たことある」とやらかしたのだ。

 エンブレムとは、「東京国際映画祭」が使用しているロゴのこと。制作者は東京五輪のエンブレムで「パクリ騒動」を起こしたあの佐野研二郎氏なのだ。

 デーブは少しでも笑いを取ろうとこのパクリ問題を蒸し返してみせたのだろうが、発言の一部始終をマイクが拾ってしまい、それが会場のメーンモニターにバッチリ映ってしまったため、いかにもバツが悪そうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る