東京国際映画祭に冷や水 デーブが“佐野氏ロゴ”でジョーク

公開日:  更新日:

 22日に開幕した「第28回東京国際映画祭」のレッドカーペットイベントでは、ヘレン・ミレン、ヒラリー・スワンクなど世界各国の名優やハリウッドスターまでも集結したが、この華やかな舞台に冷や水を浴びせたのが、タレントのデーブ・スペクター(61)だった。

「スペシャルゲスト」という枠で、妻の京子・スペクターさんとレッドカーペットを歩くと、集まった報道陣に「ちょっと買い物しに来たら人がいっぱいいたんで来ちゃった」というおなじみの笑えないジョークを飛ばした後、「あと、このエンブレムは(使っても)大丈夫かなあと思って。どっかで見たことある」とやらかしたのだ。

 エンブレムとは、「東京国際映画祭」が使用しているロゴのこと。制作者は東京五輪のエンブレムで「パクリ騒動」を起こしたあの佐野研二郎氏なのだ。

 デーブは少しでも笑いを取ろうとこのパクリ問題を蒸し返してみせたのだろうが、発言の一部始終をマイクが拾ってしまい、それが会場のメーンモニターにバッチリ映ってしまったため、いかにもバツが悪そうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る