辻仁成はパリの息子案じ…中山美穂の恋人には出演依頼殺到

公開日:  更新日:

「これからパリを目指します。月曜日、フランスの学校は通常通りやるそうです。週明け保護者会もあるのでちょっとバタバタしそうです」

 ツイッターでこうつぶやいたのは辻仁成(56)。京都で仕事のため、息子・十斗くんと住むフランス・パリを発ち、日本へ帰ってきた矢先の13日、パリ市内で同時多発テロが発生。

 中山美穂(45)と離婚後、シングルファーザーとして息子を育てる辻は、日本に滞在の際は“パパ友”のロベルトに息子を預けているそうで、「十くん、安全な場所にいるとわかっていても遠く離れてると、心配。大丈夫だから、とロベルトに言われてもね、落ち着けない」と不安を吐露した。

 他にも、フリーアナの雨宮塔子(44)や中村江里子(46)など、パリ在住の日本人タレントは少なくない。それぞれが現地の様子をテレビ局の電話取材やブログでリポートする中、ミポリンの男として芸能界でも名が知られるようになった音楽家・渋谷慶一郎氏(42)の“需要”が増えてきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る