「相棒」視聴率が最低水準に…反町隆史の“軽さ”も一因か

公開日: 更新日:

 10月スタートの民放の連続ドラマは「下町ロケット」(TBS系)の一本かぶりで、ちょっと青くなっているのが水谷豊主演「相棒14」(テレビ朝日系)。「相棒」シリーズは来春までの2クール放送なのだが、ここにきて視聴率がダウンしているのだ。

「相棒」は平均視聴率17%を記録するオバケ番組だが、シーズン14は初回18.4%、2回目17.6%を記録後、3回目以降は14%台が4回、9日放送の8回目は12.9%まで落ち込んだ。「相棒」が12%台を記録したのは05~06年のシーズン4で、10年ぶりに最低水準になった。

 それだけではない。水谷の相棒が「14」から反町隆史になり、期待も大きかった中での急降下だから、「アチャッ」という状況なのだ。

 何がダメなのか。真っ先に考えられるのは反町の不人気だろう。反町は法務省から出向している切れ者の刑事。出だしは合格点という評判だったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  9. 9

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る