「相棒」視聴率が最低水準に…反町隆史の“軽さ”も一因か

公開日:  更新日:

 10月スタートの民放の連続ドラマは「下町ロケット」(TBS系)の一本かぶりで、ちょっと青くなっているのが水谷豊主演「相棒14」(テレビ朝日系)。「相棒」シリーズは来春までの2クール放送なのだが、ここにきて視聴率がダウンしているのだ。

「相棒」は平均視聴率17%を記録するオバケ番組だが、シーズン14は初回18.4%、2回目17.6%を記録後、3回目以降は14%台が4回、9日放送の8回目は12.9%まで落ち込んだ。「相棒」が12%台を記録したのは05~06年のシーズン4で、10年ぶりに最低水準になった。

 それだけではない。水谷の相棒が「14」から反町隆史になり、期待も大きかった中での急降下だから、「アチャッ」という状況なのだ。

 何がダメなのか。真っ先に考えられるのは反町の不人気だろう。反町は法務省から出向している切れ者の刑事。出だしは合格点という評判だったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る