「相棒」視聴率が最低水準に…反町隆史の“軽さ”も一因か

公開日:  更新日:

 10月スタートの民放の連続ドラマは「下町ロケット」(TBS系)の一本かぶりで、ちょっと青くなっているのが水谷豊主演「相棒14」(テレビ朝日系)。「相棒」シリーズは来春までの2クール放送なのだが、ここにきて視聴率がダウンしているのだ。

「相棒」は平均視聴率17%を記録するオバケ番組だが、シーズン14は初回18.4%、2回目17.6%を記録後、3回目以降は14%台が4回、9日放送の8回目は12.9%まで落ち込んだ。「相棒」が12%台を記録したのは05~06年のシーズン4で、10年ぶりに最低水準になった。

 それだけではない。水谷の相棒が「14」から反町隆史になり、期待も大きかった中での急降下だから、「アチャッ」という状況なのだ。

 何がダメなのか。真っ先に考えられるのは反町の不人気だろう。反町は法務省から出向している切れ者の刑事。出だしは合格点という評判だったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る