• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“熱血”一筋の佐藤隆太が「DV夫&死体役」で示した新境地

 当の本人も、そんな初めての役どころに意気込んで臨んだ。制作発表会見では、「ドラマは“殺人”がキーワードとなっている。まずは2人(広末と内田)から『殺してしまおうか』という言葉が出るくらいの、視聴者の皆さんが『こんなヤツいなくなってしまえばいい』と思ってもらえるような演技が課題」と語っていた。

 しかし、その不安は的中した。慣れない役どころにクランクイン当初はNGの連続だったらしい。これまで暴力シーンをあまり演じたことがなかったこともあり、演出家から「もっと迫力を出さないと、DV夫の怖さが伝わらない」と、何度もNGを出されたそうです。演技で悩んでいる佐藤の姿を見かねた広末と内田がそばで「頑張って!」と励ましていた姿が何度も目撃されている。

「佐藤は“熱血バカ”以外の役もできることを、このドラマで強烈に印象付けたように思える。ドラマ中盤で死んでしまったので、今後は回想シーンや2役のもう一人、中国からの不法滞在者としての出番となるのが残念なほど。『下町ロケット』の小泉孝太郎のように、今後は幅広い役柄のオファーがくるのではないか」(テレビ関係者)

 次回作でこそ真価が問われることになるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る