日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台で死ねたら…芸歴43年「ザ・ぼんち」の漫才は体力勝負

 12日、新宿の「ルミネtheよしもと」で35年ぶりに東京で単独ライブを行う「ザ・ぼんち」。言わずと知れた80年代の漫才ブームの立役者でもあるが、ブーム終焉と共に86年に解散。ぼんちおさむ(63)はドラマ「はぐれ刑事純情派」で役者として活躍、里見まさと(63)は別のコンビを結成するも01年に解散。2人は03年に再結成する。そんなベテランは今のお笑い界をどう見ているのか――。

  ◇  ◇  ◇

里見まさと(以下、ま) 今の若手も中堅も、みんなすごいですよ。うまいし、よう考えてる。

ぼんちおさむ(以下、お) 若手はネタよう考えて勉強して作ってるわ。

ま 突き上げられてますよ、われわれ。ところてんみたいにキューッて押されて、網の外にしがみついてるけど、足すべったらあと落ちるだけやもん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事