本人公認モノマネ芸人 魅川憲一郎のギャラは全部衣装代に

公開日: 更新日:

「そっくりものまね紅白歌合戦」などで活躍する美川憲一のソックリタレント・魅川憲一郎さん(46)は、美川本人も認めるほど雰囲気までソックリ。地元沖縄ではテレビやイベントで大忙しだが、貧乏時代を“オネエ”言葉で話してくれて……。

  ◇  ◇  ◇

 10代だった1980年代後半はアイドル歌手志望で、90年代から安室奈美恵さんはじめ、たくさんデビューする沖縄アクターズスクールに通ったのよ~。でも、歌やリズム感の下手さを知って、ショックを受けて諦めたの。

 その後はブティックで販売員をして、モノマネを始めたのはテナントのパーティーでの余興。当時、はやってたパフィーを同僚と男2人で汚い化粧して演ったのよ。そしたらウケちゃって。それがモノマネと女装のダブルデビュー。その後、同僚の結婚式とか、余興では必ずモノマネをやらされてたの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る