本人公認モノマネ芸人 魅川憲一郎のギャラは全部衣装代に

公開日: 更新日:

「そっくりものまね紅白歌合戦」などで活躍する美川憲一のソックリタレント・魅川憲一郎さん(46)は、美川本人も認めるほど雰囲気までソックリ。地元沖縄ではテレビやイベントで大忙しだが、貧乏時代を“オネエ”言葉で話してくれて……。

  ◇  ◇  ◇

 10代だった1980年代後半はアイドル歌手志望で、90年代から安室奈美恵さんはじめ、たくさんデビューする沖縄アクターズスクールに通ったのよ~。でも、歌やリズム感の下手さを知って、ショックを受けて諦めたの。

 その後はブティックで販売員をして、モノマネを始めたのはテナントのパーティーでの余興。当時、はやってたパフィーを同僚と男2人で汚い化粧して演ったのよ。そしたらウケちゃって。それがモノマネと女装のダブルデビュー。その後、同僚の結婚式とか、余興では必ずモノマネをやらされてたの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る