• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗

 テレビ界は4月改編期を迎え、画面にはこれまで見慣れない女子アナが多数出演している。この中から未来の高島彩(37)やカトパン(加藤綾子=30)の座に就くのは誰なのか。女子アナ評論家の高島恒雄氏に注目の若手女子アナについて聞いてみた。

「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。近い将来、フジを代表する顔になるのは確実です」

 フジテレビで次に期待されているのが宮司愛海アナ(24)だ。こちらは永島の後釜。「めざましテレビ」でこれまで永島が担当していた情報キャスターを引き継いだ。

「過去にはさまぁ~ずや志村けん、とんねるずといったお笑い系の人たちと絡むことが多く、下ネタにも堂々と対応していました。永島アナとは違ったタイプですが、ぶっちゃけキャラとしてハジける可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る