カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗

公開日: 更新日:

 テレビ界は4月改編期を迎え、画面にはこれまで見慣れない女子アナが多数出演している。この中から未来の高島彩(37)やカトパン(加藤綾子=30)の座に就くのは誰なのか。女子アナ評論家の高島恒雄氏に注目の若手女子アナについて聞いてみた。

「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。近い将来、フジを代表する顔になるのは確実です」

 フジテレビで次に期待されているのが宮司愛海アナ(24)だ。こちらは永島の後釜。「めざましテレビ」でこれまで永島が担当していた情報キャスターを引き継いだ。

「過去にはさまぁ~ず志村けんとんねるずといったお笑い系の人たちと絡むことが多く、下ネタにも堂々と対応していました。永島アナとは違ったタイプですが、ぶっちゃけキャラとしてハジける可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る