• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

異国ストレスで散財 レスラー真壁刀義のギャラ前借り時代

 バラエティーでも活躍する新日本プロレスきってのこわもてレスラー、真壁刀義さん(43)は若手時代にお金の出入りが激しい生活を送った。その豪快な貧乏話を……。

■10人の先輩の洗濯で月々40万円以上の“稼ぎ”

 若手時代の最初はムチャクチャ苦労した割に金はいっぱいあったよ。というのも、僕が入門した頃は僕の前後2年間は先輩も後輩もいなかったのが理由。

 まず入門して2~3カ月で、合宿所から行ける巡業に呼ばれるようになり、雑用を全部やらされた。試合で入場する先輩レスラーのあとをついて花道のファンの手を払いのけたり、リングに上がる時にロープを下げたり、入場コスチュームを受け取ったり。他の雑用も全部ひとりでやらなきゃいけなかった。で、練習は地獄。1000回のスクワットの回数をいつも増やされたり、殴られたりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る