異国ストレスで散財 レスラー真壁刀義のギャラ前借り時代

公開日:  更新日:

 バラエティーでも活躍する新日本プロレスきってのこわもてレスラー、真壁刀義さん(43)は若手時代にお金の出入りが激しい生活を送った。その豪快な貧乏話を……。

■10人の先輩の洗濯で月々40万円以上の“稼ぎ”

 若手時代の最初はムチャクチャ苦労した割に金はいっぱいあったよ。というのも、僕が入門した頃は僕の前後2年間は先輩も後輩もいなかったのが理由。

 まず入門して2~3カ月で、合宿所から行ける巡業に呼ばれるようになり、雑用を全部やらされた。試合で入場する先輩レスラーのあとをついて花道のファンの手を払いのけたり、リングに上がる時にロープを下げたり、入場コスチュームを受け取ったり。他の雑用も全部ひとりでやらなきゃいけなかった。で、練習は地獄。1000回のスクワットの回数をいつも増やされたり、殴られたりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る