異国ストレスで散財 レスラー真壁刀義のギャラ前借り時代

公開日:  更新日:

 バラエティーでも活躍する新日本プロレスきってのこわもてレスラー、真壁刀義さん(43)は若手時代にお金の出入りが激しい生活を送った。その豪快な貧乏話を……。

■10人の先輩の洗濯で月々40万円以上の“稼ぎ”

 若手時代の最初はムチャクチャ苦労した割に金はいっぱいあったよ。というのも、僕が入門した頃は僕の前後2年間は先輩も後輩もいなかったのが理由。

 まず入門して2~3カ月で、合宿所から行ける巡業に呼ばれるようになり、雑用を全部やらされた。試合で入場する先輩レスラーのあとをついて花道のファンの手を払いのけたり、リングに上がる時にロープを下げたり、入場コスチュームを受け取ったり。他の雑用も全部ひとりでやらなきゃいけなかった。で、練習は地獄。1000回のスクワットの回数をいつも増やされたり、殴られたりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る