ベッキー復帰説で後釜争い収束 ダレノガレも手のひら返し

公開日:  更新日:

 年明け早々、「SMAP」の解散騒動とともに世間を賑わせたベッキー(32)。「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動が原因で、依然、芸能活動を無期限休養中だ。

 10社あったCMはすべて契約解除となり、1月6日の謝罪会見以来、公の場に一切姿を見せないまま神奈川県川崎市にある実家で“謹慎生活”を送っているとみられるが、先月末になって動きがあった。不倫をスクープした「週刊文春」宛てに直筆の手紙をしたため、それを「サンミュージックプロダクション」の相澤社長が手渡しで編集部に届けたのだ。

 そこには、川谷の妻へ謝罪したいという思いがつづられ、「私の事務所を通じて謝罪の場を設けるようにお願いしていますが、いまだ叶っておりません。先方からは川谷さんを交えてならというお話もありましたが、もう川谷さんとは関係がないので奥様と一対一でお会いして謝罪させていただきたいと考えていました」と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る