公私でツキなし福山雅治 活路は“自然体オヤジ路線”にあり

公開日: 更新日:

 新妻・吹石一恵(33)との愛の巣に不審な中年女が侵入したり、出演中の“月9”ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の視聴率が下げ止まらなかったり……。このところの福山雅治(47)は完全にツキに見放されている印象だ。

 中でも深刻なのは、やっぱり本業のドラマで、16日放送の「ラヴソング」の視聴率はなんと、6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。「月9」史上最低を記録してしまった。これには本人もショックを受けているようで、担当するラジオ番組で「どうしたらいいの~、教えて」とボヤいている。そんな泣きっ面にハチの福山にコラムニストの桧山珠美氏はこうアドバイスする。

「これはテレビ関係者みなさんが言ってますが、今や『月9』といえば『酒場放浪記』(BS―TBS)というくらい、午後9時台の視聴者は中高年の男性になっています。だったら、もっとオヤジ目線を意識して、酒場放浪記の吉田類さんよろしく自然体でベロンベロンに酔ってみるのも面白いかもしれません。もうひとつ気になるのは、もうすぐ50歳になる福山クンがドラマ内では相変わらずカッコいい役をやっていること。これもオジサンから見ると鼻白むところで、年齢なりのお腹のプヨプヨぶりや、髪の毛のキテるところもすべてさらけ出す。27歳差のヒロインとも決して恋愛関係にならず、あくまでオヤジのスケベ目線で迫ってみるとか……」

 二枚目路線を捨てることで死中に活を求めるのも手。タイトルは「ブラソング」に決定!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る