公私でツキなし福山雅治 活路は“自然体オヤジ路線”にあり

公開日: 更新日:

 新妻・吹石一恵(33)との愛の巣に不審な中年女が侵入したり、出演中の“月9”ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の視聴率が下げ止まらなかったり……。このところの福山雅治(47)は完全にツキに見放されている印象だ。

 中でも深刻なのは、やっぱり本業のドラマで、16日放送の「ラヴソング」の視聴率はなんと、6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。「月9」史上最低を記録してしまった。これには本人もショックを受けているようで、担当するラジオ番組で「どうしたらいいの~、教えて」とボヤいている。そんな泣きっ面にハチの福山にコラムニストの桧山珠美氏はこうアドバイスする。

「これはテレビ関係者みなさんが言ってますが、今や『月9』といえば『酒場放浪記』(BS―TBS)というくらい、午後9時台の視聴者は中高年の男性になっています。だったら、もっとオヤジ目線を意識して、酒場放浪記の吉田類さんよろしく自然体でベロンベロンに酔ってみるのも面白いかもしれません。もうひとつ気になるのは、もうすぐ50歳になる福山クンがドラマ内では相変わらずカッコいい役をやっていること。これもオジサンから見ると鼻白むところで、年齢なりのお腹のプヨプヨぶりや、髪の毛のキテるところもすべてさらけ出す。27歳差のヒロインとも決して恋愛関係にならず、あくまでオヤジのスケベ目線で迫ってみるとか……」

 二枚目路線を捨てることで死中に活を求めるのも手。タイトルは「ブラソング」に決定!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る