• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

公私でツキなし福山雅治 活路は“自然体オヤジ路線”にあり

 新妻・吹石一恵(33)との愛の巣に不審な中年女が侵入したり、出演中の“月9”ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の視聴率が下げ止まらなかったり……。このところの福山雅治(47)は完全にツキに見放されている印象だ。

 中でも深刻なのは、やっぱり本業のドラマで、16日放送の「ラヴソング」の視聴率はなんと、6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。「月9」史上最低を記録してしまった。これには本人もショックを受けているようで、担当するラジオ番組で「どうしたらいいの~、教えて」とボヤいている。そんな泣きっ面にハチの福山にコラムニストの桧山珠美氏はこうアドバイスする。

「これはテレビ関係者みなさんが言ってますが、今や『月9』といえば『酒場放浪記』(BS―TBS)というくらい、午後9時台の視聴者は中高年の男性になっています。だったら、もっとオヤジ目線を意識して、酒場放浪記の吉田類さんよろしく自然体でベロンベロンに酔ってみるのも面白いかもしれません。もうひとつ気になるのは、もうすぐ50歳になる福山クンがドラマ内では相変わらずカッコいい役をやっていること。これもオジサンから見ると鼻白むところで、年齢なりのお腹のプヨプヨぶりや、髪の毛のキテるところもすべてさらけ出す。27歳差のヒロインとも決して恋愛関係にならず、あくまでオヤジのスケベ目線で迫ってみるとか……」

 二枚目路線を捨てることで死中に活を求めるのも手。タイトルは「ブラソング」に決定!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る