• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

公私でツキなし福山雅治 活路は“自然体オヤジ路線”にあり

 新妻・吹石一恵(33)との愛の巣に不審な中年女が侵入したり、出演中の“月9”ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の視聴率が下げ止まらなかったり……。このところの福山雅治(47)は完全にツキに見放されている印象だ。

 中でも深刻なのは、やっぱり本業のドラマで、16日放送の「ラヴソング」の視聴率はなんと、6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。「月9」史上最低を記録してしまった。これには本人もショックを受けているようで、担当するラジオ番組で「どうしたらいいの~、教えて」とボヤいている。そんな泣きっ面にハチの福山にコラムニストの桧山珠美氏はこうアドバイスする。

「これはテレビ関係者みなさんが言ってますが、今や『月9』といえば『酒場放浪記』(BS―TBS)というくらい、午後9時台の視聴者は中高年の男性になっています。だったら、もっとオヤジ目線を意識して、酒場放浪記の吉田類さんよろしく自然体でベロンベロンに酔ってみるのも面白いかもしれません。もうひとつ気になるのは、もうすぐ50歳になる福山クンがドラマ内では相変わらずカッコいい役をやっていること。これもオジサンから見ると鼻白むところで、年齢なりのお腹のプヨプヨぶりや、髪の毛のキテるところもすべてさらけ出す。27歳差のヒロインとも決して恋愛関係にならず、あくまでオヤジのスケベ目線で迫ってみるとか……」

 二枚目路線を捨てることで死中に活を求めるのも手。タイトルは「ブラソング」に決定!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る