“騒動の終焉”も残る不安 ベッキー本格復帰に「第3の敵」

公開日:  更新日:

「いろいろな交渉がある。(出演の)話が来ているところもあります」

 不倫騒動で謹慎中のベッキー(32)の復帰について、20日、サンミュージックの相澤正久社長はこう言って、前向きに進めていることを明かした。

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)への出演で、約3カ月ぶりにお茶の間に登場してから1週間、川谷絵音の元妻がベッキー側に抗議文を送ったと報じられたものの、元妻が自ら声明を出してこれを否定、「騒動の終焉」を発表したことで、一気に復帰への道が開けたようだ。ワイドショー芸能記者が言う。

「7月末に日本武道館で行われるBSスカパー!の音楽イベント司会で、初めてファンの前に姿を見せるのではないかとみられています。ことし2月の『スカパー!音楽祭』でベッキーは司会を務めることになっていたのですが、日程が休業を発表した後だったため、あえなく降板した経緯があります。7月の番組改編からバラエティー番組にも、また出演していく。最初から司会ではなく、ひな壇のひとりとして、世間の反応を見ながらの試運転となるのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る