• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

売り込み必死…“月9ワースト俳優”福山雅治に復活の秘策

 自宅マンションに侵入したコンシェルジュの女が逮捕――。そんなお騒がせの福山雅治(47)が俳優としてますますピンチだ。主演を務めるフジテレビ系の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率が下げ止まらないのだ。16日も23日も6.8%。“月9史上ワースト”を打ち立てた有村架純・高良健吾主演の冬ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全話平均9.7%)の記録を更新してしまう可能性が高まっている。

 残り3話……。よほどのミラクルでも起きない限り、平均視聴率の底上げは難しい。これで福山本人をはじめ所属プロダクションは蜂の巣をつついたような騒ぎになっているという。“月9ワースト俳優”の烙印はそのまま福山ブランドの崩壊を意味し、事務所の屋台骨も揺らぎかねない。

 そして、福山にもうひとつの試練が待ち受けている。10月に主演映画「SCOOP!」が満を持して公開されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る