売り込み必死…“月9ワースト俳優”福山雅治に復活の秘策

公開日:  更新日:

 自宅マンションに侵入したコンシェルジュの女が逮捕――。そんなお騒がせの福山雅治(47)が俳優としてますますピンチだ。主演を務めるフジテレビ系の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率が下げ止まらないのだ。16日も23日も6.8%。“月9史上ワースト”を打ち立てた有村架純・高良健吾主演の冬ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全話平均9.7%)の記録を更新してしまう可能性が高まっている。

 残り3話……。よほどのミラクルでも起きない限り、平均視聴率の底上げは難しい。これで福山本人をはじめ所属プロダクションは蜂の巣をつついたような騒ぎになっているという。“月9ワースト俳優”の烙印はそのまま福山ブランドの崩壊を意味し、事務所の屋台骨も揺らぎかねない。

 そして、福山にもうひとつの試練が待ち受けている。10月に主演映画「SCOOP!」が満を持して公開されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る