売り込み必死…“月9ワースト俳優”福山雅治に復活の秘策

公開日: 更新日:

 自宅マンションに侵入したコンシェルジュの女が逮捕――。そんなお騒がせの福山雅治(47)が俳優としてますますピンチだ。主演を務めるフジテレビ系の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率が下げ止まらないのだ。16日も23日も6.8%。“月9史上ワースト”を打ち立てた有村架純高良健吾主演の冬ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全話平均9.7%)の記録を更新してしまう可能性が高まっている。

 残り3話……。よほどのミラクルでも起きない限り、平均視聴率の底上げは難しい。これで福山本人をはじめ所属プロダクションは蜂の巣をつついたような騒ぎになっているという。“月9ワースト俳優”の烙印はそのまま福山ブランドの崩壊を意味し、事務所の屋台骨も揺らぎかねない。

 そして、福山にもうひとつの試練が待ち受けている。10月に主演映画「SCOOP!」が満を持して公開されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る