売り込み必死…“月9ワースト俳優”福山雅治に復活の秘策

公開日: 更新日:

 自宅マンションに侵入したコンシェルジュの女が逮捕――。そんなお騒がせの福山雅治(47)が俳優としてますますピンチだ。主演を務めるフジテレビ系の月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率が下げ止まらないのだ。16日も23日も6.8%。“月9史上ワースト”を打ち立てた有村架純・高良健吾主演の冬ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(全話平均9.7%)の記録を更新してしまう可能性が高まっている。

 残り3話……。よほどのミラクルでも起きない限り、平均視聴率の底上げは難しい。これで福山本人をはじめ所属プロダクションは蜂の巣をつついたような騒ぎになっているという。“月9ワースト俳優”の烙印はそのまま福山ブランドの崩壊を意味し、事務所の屋台骨も揺らぎかねない。

 そして、福山にもうひとつの試練が待ち受けている。10月に主演映画「SCOOP!」が満を持して公開されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る