「キングコング対ゴジラ」デジタルリマスター版の感激度

公開日: 更新日:

 本作がゴジラ映画の金字塔だと思う要因のひとつは音楽で、伊福部昭によるメーン曲が素晴らしい。「ダンダン、ダダダ」といったワンテンポでグイグイ押してくるサウンドは、伊福部音楽の紛れもない代表作であり、冒頭、4チャンネルの音響設備からこの曲が流れた時には、涙腺が緩んだほどだった。

 70年のリバイバル公開時、約23分が削られ、約74分の短縮版で公開されたという。今回は切られたネガが見つかり、オリジナルと同じ97分バージョンになった。初公開時、子どもたちが熱狂したように、今回もまた大人にも多くの子どもたちにも見てほしい。

(映画ジャーナリスト・大高宏雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る