• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米でテロ対策学ぶ 異色お笑い芸人REINAが見た日本の課題

 バングラデシュで日本人7人を含む20人が殺害されたテロ。米ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、容疑者リストに日本に滞在していた男が含まれていると報じた。立命館大で准教授をしていた人物で、事実とすればイスラム国のテロリストが日本に潜伏していたことになる。テロリストの現状はどうなっているのか?

 米ブラウン大学とハーバード大学院でテロ対策を学んだお笑いコンビ「セクシーチョコレート」のREINAさん(28)。CIAの内定を辞退し、インターポールのテロ対策部の研修生として働いた異色の経歴を持つその道のプロだ。

「日本は島国で、入国審査が厳しいことからテロ攻撃は受けにくい環境にあります。ただ、最近のテロの傾向は、1人もしくは2人で実行する“Lone Wolf”が主流になっていて、アルカイダなどの過激な考えを信奉する個人が、自分で計画し、実行する。ボストンマラソンの爆破テロも、兄弟2人で実行しています。日本政府は各国と連携し、グローバルなテロ対策に参加するとしています。テロリストからのリアクションはあると考えられます。危機感を持った方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る