視聴率最低更新 フジ「27時間テレビ」は“身内”のバカ騒ぎ

公開日:  更新日:

 ポケモンGOの配信翌日と重なり“お客”は外出中だったのか……。

 だとしても、視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)は、あまりにお粗末であった。総合司会者に白羽の矢を立てたウッチャンナンチャンに逃げられ、レギュラー番組のMCらによるリレー形式を余儀なくされたフジテレビ夏恒例の大型特番「FNS27時間テレビフェスティバル!」(23~24日)である。

 今年の大きなテーマは、「一年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭」。代理店に配られた社外秘のプレゼン資料によれば、フジは〈いまやテレビ業界も個性あふれる一般人にスポットライトが当たる時代!〉と具体的な方向性を打ち出していたが、3年前の9.8%を大きく下回る過去ワーストの記録を更新したのだから、目も当てられない。

 系列局と共同で制作した「全国高校生スーパーダンク選手権」と「全国そっくりキャラ選手権」がその一般人モノの企画で、優勝者には賞金100万円を贈呈し、アイドルやタレントを現地に派遣する力の入れようだった。しかし、「放送時間ぎりぎりのグランドフィナーレのグダグダぶりが象徴しているように、果たして地元の人々が心の底から喜んでいたのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る