視聴率最低更新 フジ「27時間テレビ」は“身内”のバカ騒ぎ

公開日: 更新日:

 ポケモンGOの配信翌日と重なり“お客”は外出中だったのか……。

 だとしても、視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)は、あまりにお粗末であった。総合司会者に白羽の矢を立てたウッチャンナンチャンに逃げられ、レギュラー番組のMCらによるリレー形式を余儀なくされたフジテレビ夏恒例の大型特番「FNS27時間テレビフェスティバル!」(23~24日)である。

 今年の大きなテーマは、「一年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭」。代理店に配られた社外秘のプレゼン資料によれば、フジは〈いまやテレビ業界も個性あふれる一般人にスポットライトが当たる時代!〉と具体的な方向性を打ち出していたが、3年前の9.8%を大きく下回る過去ワーストの記録を更新したのだから、目も当てられない。

 系列局と共同で制作した「全国高校生スーパーダンク選手権」と「全国そっくりキャラ選手権」がその一般人モノの企画で、優勝者には賞金100万円を贈呈し、アイドルやタレントを現地に派遣する力の入れようだった。しかし、「放送時間ぎりぎりのグランドフィナーレのグダグダぶりが象徴しているように、果たして地元の人々が心の底から喜んでいたのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る