懲戒処分で業務停止 大渕愛子“タレント弁護士”廃業ピンチ

公開日:  更新日:

 東京弁護士会が下した処分理由が「弁護士の品位を失う非行」とは穏やかではない。

「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)などに出演している大渕愛子弁護士(38)が、依頼人から不当報酬を受け取ったとして、東京弁護士会が2日、業務停止1カ月の懲戒処分を下した。

 2日夜に都内で会見を開いた大渕弁護士は「心よりおわびする。私の認識不足が全て」「信頼を失った責任は重い」と謝罪した。

 大渕弁護士は2010年10月に女性から養育費請求の依頼をされたが、その後、女性が法テラスの代理援助制度を利用。弁護士は法テラスを利用した依頼人から直接、報酬を受け取ることはできない規定だが、大渕弁護士は法テラスが支払った金額以外に女性から着手金や顧問料として17万8500円を受領。11年6月に依頼人の女性が返金を求めたが大渕弁護士は拒否。同10月に弁護士会などの説得に応じるまで約5カ月間、報酬を二重取りしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る