• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「熱闘甲子園」ヒロド歩美アナに“長島三奈超え”の期待

 リオ五輪でマイクを握る“中央の面々”に負けず劣らず、この夏、一皮むけそうな注目のローカルアナがいる。

 入社3年目、大阪・朝日放送(ABC)所属のヒロド歩美アナウンサー(24)。テレビ朝日系「熱闘甲子園」(平日23時20分~、土曜23時15分~、日曜23時45分~)でキャスターを務め、連夜、熱戦を繰り広げる高校球児の笑顔と涙を伝えている。

 入社1年目の14年から地方大会のダイジェスト番組「速報!甲子園への道」ではキャスターを務めており、今年は兼務する形で“本戦”へ昇格。伝統ある「熱闘――」のキャスターをABCの女子アナが務めるのは史上初という大抜擢である。

 すでに甲子園モノ以外でも、土曜朝の「朝だ!生です旅サラダ」と特番「芸能人格付けチェック」で全国デビューを果たしている。早大国際教養学部在学中には、「2013ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会」でファイナリストに。ネットや女子アナウオッチャーの間では「究極の童顔アナ」として知られた存在だったが、晴れて「熱闘――」の顔となり、早くも「長島三奈超えの逸材」(テレビ関係者)と評判は上々なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る