• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「熱闘甲子園」ヒロド歩美アナに“長島三奈超え”の期待

 リオ五輪でマイクを握る“中央の面々”に負けず劣らず、この夏、一皮むけそうな注目のローカルアナがいる。

 入社3年目、大阪・朝日放送(ABC)所属のヒロド歩美アナウンサー(24)。テレビ朝日系「熱闘甲子園」(平日23時20分~、土曜23時15分~、日曜23時45分~)でキャスターを務め、連夜、熱戦を繰り広げる高校球児の笑顔と涙を伝えている。

 入社1年目の14年から地方大会のダイジェスト番組「速報!甲子園への道」ではキャスターを務めており、今年は兼務する形で“本戦”へ昇格。伝統ある「熱闘――」のキャスターをABCの女子アナが務めるのは史上初という大抜擢である。

 すでに甲子園モノ以外でも、土曜朝の「朝だ!生です旅サラダ」と特番「芸能人格付けチェック」で全国デビューを果たしている。早大国際教養学部在学中には、「2013ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会」でファイナリストに。ネットや女子アナウオッチャーの間では「究極の童顔アナ」として知られた存在だったが、晴れて「熱闘――」の顔となり、早くも「長島三奈超えの逸材」(テレビ関係者)と評判は上々なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る