• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小倉智昭は怒りも…庄司哲郎が語っていた“UFO体験”の奇妙

 俳優の庄司哲郎容疑者(49)が覚醒剤で逮捕されていた、と報じた1日発売の週刊文春の記事をめぐり、“資金源”と名指しされた「とくダネ!」(フジテレビ系)のキャスター・小倉智昭(69)が怒り心頭だ。

 記事によると小倉は、画家としても活動している庄司容疑者の絵画を複数枚購入。その代金が薬物購入に充てられた可能性を指摘している。この日の「とくダネ!」で小倉は絵画の購入を認めながらも、「資金源と書かれるのだけは納得いきませんでした」と、悔しさと怒りをにじませながら釈明した。

 庄司容疑者との関係について、「私と同じ事務所に10年間一緒にいた。苦しく、つらい思いをしていたから何とか応援してあげたいと思った」と語った小倉だが、庄司容疑者は以前から“奇妙な言動”が目立っていたようだ。

 文春は庄司容疑者をよく知る芸能関係者の話として、「宇宙と交信できるとか、オカルトめいたことをよく言っていました」という証言を掲載。実際、オカルト特集で知られる雑誌「ムー」(学研)の公式ウェブサイトで公開されていた、逮捕前の庄司容疑者のインタビュー記事には仰天だ。(現在は閲覧不能)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る