2世の中でも別格扱い 岡田結実“24時間マラソン内定”説も

公開日:  更新日:

 不起訴とはいえ、高畑裕太が事件を起こしたことで、2世タレントが改めてクローズアップされているが、この子だけは“別格”といわれているのがお笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右の娘・岡田結実(16)。

 このところバラエティーで見かけない日がないほどの活躍ぶりでこう言うのはテレビ関係者だ。

「産休中の関根麻里やくすぶっているベッキーが居たポジションにすっぽり収まった感じです。まだ高校生なのに発言もしっかりしているし、礼儀正しい。明るく元気でベッキーのように裏がないところがいい」

 10年から14年までNHKのEテレ「天才てれびくんMAX」「大!天才てれびくん」のレギュラーとして活躍。実は母親も、-(マイナス)4℃という漫才コンビを組んでいた元芸人でお笑いのDNAを受け継いだのか、「閉店ガラガラ」「パァ! 出た」「ワオッ!」など父親のギャグでちゃっかり笑いをとる。正統派美人なのにしゃべりが面白く、そこにいるだけでパッと明るくなると重宝されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る