日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退後も暇なしか ハマの番長・三浦大輔に芸能界も熱視線

 今季限りでの現役引退を発表した横浜DeNAベイスターズの三浦大輔(42)。91年に横浜の前身「大洋ホエールズ」に入団して以来、横浜一筋のベテランは会見で「勝てなくなったら辞めると決めていた」とユニホームを脱ぐ理由を語った。

 三浦といえばリーゼント頭が特徴で、「ハマの番長」の愛称で野球ファン以外にも知られている。このリーゼントのおかげでオフシーズンはバラエティー番組に引っ張りだこ。全国ネットだけでなく、出身地である関西のローカル番組に出演することも多く、明石家さんまなど大物芸人と絡んでも受け答えは臆することなく堂々としたもの。

 引退後は芸能界からも熱視線を投げかけられるのは納得なのである。

「すでに大手芸能プロダクション『エイベックス』に所属。見た目のイカツさと軽妙なしゃべりにギャップがあるのが野球を知らない人にも受け入れられた理由だと思います。引退後も『とんねるず』のスポーツ企画のようなバラエティーや各局の中継で解説者として引っ張りだこなのは確実。数年以内には再びユニホームを着ることになるのでしょうが、それまでは芸能界でガッポリ稼ぐはずです」(スポーツ選手のマネジメント事務所関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事