• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

養女騒動や離婚乗り越え 女優・若原瞳は精力的に映画出演

「おーい中村君」といえば、懐かしい昭和の歌謡スター・若原一郎(故人)のヒット曲。その長女で1977年に女優デビューした若原瞳さん(63)は、CMでの親子共演や「欽ちゃんのどこまでやるの!」(テレビ朝日系)で注目を集めた。最近はあまり見ないが、どうしているのか。

■海外の映画祭で最優秀助演女優賞に

 若原さんに会ったのは、東京メトロ・六本木駅から徒歩10分の所属事務所。以前と変わらぬパッチリした目が可愛らしい。

「いえ、とんでもないです。太っちゃったし。20代のころに比べて、10キロくらい体重が増えちゃいましたから……」

 そう言ってはにかんだ若原さん。「最近は映画に出演しています」と、笑顔でこう続けた。

「自主映画なんですけどね。本業は精神科の看護師をされている戸田博さんという60代の監督が、奥さまと撮影監督と3人で製作していらして。3年前からプロの俳優を使うようになり、これまで4作品に出演しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る