金スマで霊視の木村藤子さん 飯島愛“孤独死”の心境語る

公開日: 更新日:

「テレビに出るなんてとんでもないと、かたくなに断っていたんです。田舎の人間でしたから電車の乗り方もわかりません。でも、私の考えを理解してもらいたい一心で、修学旅行以来、初めて電車に乗りました。最初は仙台、そして東京。テレビに出て知名度が上がると、『付き人くらい持てばいいのに』と言われたことがありますが、そんなことをしたら自分を見失ってしまう。なので、自ら受付に立つこともあるんです」

 TBS系「中居正広の金曜日のスマたちへ」(番組名は当時)で、08年12月に病死した飯島愛を霊視したことが話題となった。番組の中で「今、引退せずに乗り越えた方がいい。2、3年後は違う形で良い方へ向かう」と飯島を励ましたが、結局、彼女は芸能界を引退し、その後、孤独な死を迎えることになった。

「彼女に考えを変えてもらおうと慌てすぎていたんですね。マイクがオフになっていると思い込み、スタジオの隅で彼女に助言したのですが、その様子がテレビに映ってしまい、さまざまな臆測を呼ぶことになりました。命の限度をしみじみ感じる出来事でした」

 むつ市で夫と2人暮らし。

「本が大好きなので、暇さえあれば読書をしています。書物は知識の宝庫。死ぬまで勉強です。できればこれからは仕事を減らして、世間並みの生活を楽しみたいとも思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る