トランプ大統領で世界荒廃? 米映画“予言”的中の不気味

公開日:

 選挙予測は“映画人”にお任せした方がよさそうだ。1989年公開の大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」が「トランプ大統領を“予言”していた」とネット住民が大騒ぎしている。さらに米ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアも今年7月にブログで「トランプが大統領になる5つの理由」を挙げ、逆転勝利を予測していた。

 PART2では主人公の高校生マーティが1985年から30年後(2015年10月21日)の未来へタイムトラベル。元の1985年の世界に戻ると、マーティをいじめる敵役ビフがカジノ経営者として全米一の大富豪になり、世間を牛耳っていた。ビフの風貌に加え、映画の中に登場するカジノビルも実際にトランプが所有するホテルにそっくり。それもそのはずで、脚本家が「トランプから着想を得た」と認めている。

 ついでに言うと映画では15年に大リーグのカブスが優勝し、マーティが驚くシーンも。1年違いとはいえ、ズバズバ的中しているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る