• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過密日程でダウン…吉田羊“仕事を断らない”貧乏性のツケ

 かねがね「主演は性に合わない」と言い続けてきた吉田羊が「メディカルチーム~レディ・ダ・ヴィンチの診断」で初めて民放連ドラ主演を務めている。視聴率も初回から第5話までは8%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をキープしていたが、第6話で6・5%に急落。とはいえ、これは裏番組でサッカーW杯最終予選サウジアラビア戦が放送された影響で、不調のフジテレビドラマの中ではこれでも優等生。

「もともと姉御肌で、しかも気遣いが抜群。共演者やスタッフの評判はとてもいい。しかし、本人も“人を束ねていく性格ではないので、(座長役は)居心地はよくない”と語っていた通り、初の主演にかなりストレスを感じていたのでしょう。第7話の収録途中、過労でダウンしてしまった」(テレビ関係者)

 幸い大事には至らず、間もなく撮影現場に復帰したとはいえ、このところの吉田はいくら人気者とはいえ忙しすぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る