サンミュージック相澤正久社長「まさかこんな一年に…」

公開日: 更新日:

「2016年は60年に一度の丙申。予期せぬ大きな出来事が起こる年だといいますが、まさかこんな一年になるとは……」と語るのは芸能プロダクション「サンミュージック」の相澤正久社長だ。

「こんな」の中には、もちろん年初に飛び出した所属タレント・ベッキーの“ゲス不倫”騒動も含まれている。17年は会社創立50周年目に突入する相澤社長に、激動の16年を振り返ってもらった。

 まあ、とにかく次から次にいろんなことが起こるものだなと。国際的にはイギリスのEU離脱、トランプ大統領の誕生。芸能界ではSMAPの解散、ベッキーの一件と。まさかこんな一年になるとは思いもしませんでした。

 うちのベッキーについて振り返りますと、当初こんなに大騒動になるとは正直思いませんでした。若い男女が互いに好きになって付き合ったら男性が実は既婚者だった、なんて世の中ではままあるケースです。それが大きな報道につながったのは彼女自身の清楚で生真面目なイメージとのギャップが大きかったからでしょう。LINEという私信まで流出してしまうところに時代の変化というか空気を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る