サンミュージック相澤正久社長「まさかこんな一年に…」

公開日: 更新日:

「2016年は60年に一度の丙申。予期せぬ大きな出来事が起こる年だといいますが、まさかこんな一年になるとは……」と語るのは芸能プロダクション「サンミュージック」の相澤正久社長だ。

「こんな」の中には、もちろん年初に飛び出した所属タレント・ベッキーの“ゲス不倫”騒動も含まれている。17年は会社創立50周年目に突入する相澤社長に、激動の16年を振り返ってもらった。

 まあ、とにかく次から次にいろんなことが起こるものだなと。国際的にはイギリスのEU離脱、トランプ大統領の誕生。芸能界ではSMAPの解散、ベッキーの一件と。まさかこんな一年になるとは思いもしませんでした。

 うちのベッキーについて振り返りますと、当初こんなに大騒動になるとは正直思いませんでした。若い男女が互いに好きになって付き合ったら男性が実は既婚者だった、なんて世の中ではままあるケースです。それが大きな報道につながったのは彼女自身の清楚で生真面目なイメージとのギャップが大きかったからでしょう。LINEという私信まで流出してしまうところに時代の変化というか空気を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る