元大映女優・南美川洋子さんが明かした「46年目の真相」

公開日: 更新日:

 映画産業が斜陽に向かっていた1960年代。「ガメラ」「大魔神」などのヒットで気を吐いていた大映も、看板俳優・市川雷蔵の死によって凋落が加速、71年に倒産した。その大映の末期を支えたひとりが、「性典」シリーズで人気のあった南美川洋子さん(66歳)だ。78年のテレビドラマ出演を最後に女優を引退したが、今どうしているのか。

「先日、45年ぶりに大映のOB会に出席したんです。当時の俳優仲間やスタッフの方と再会することができて、とってもうれしかったです」

 東京・新宿の喫茶店で会った南美川さん、こう言ってほほ笑んだ。今も女優時代の華やいだ雰囲気は色あせていない。

「お客さま相手の仕事を長年続けてきたからでしょうか。『すごく元気が良くて、年齢には見えない』って言われることが多いかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る