元大映女優・南美川洋子さんが明かした「46年目の真相」

公開日: 更新日:

 映画産業が斜陽に向かっていた1960年代。「ガメラ」「大魔神」などのヒットで気を吐いていた大映も、看板俳優・市川雷蔵の死によって凋落が加速、71年に倒産した。その大映の末期を支えたひとりが、「性典」シリーズで人気のあった南美川洋子さん(66歳)だ。78年のテレビドラマ出演を最後に女優を引退したが、今どうしているのか。

「先日、45年ぶりに大映のOB会に出席したんです。当時の俳優仲間やスタッフの方と再会することができて、とってもうれしかったです」

 東京・新宿の喫茶店で会った南美川さん、こう言ってほほ笑んだ。今も女優時代の華やいだ雰囲気は色あせていない。

「お客さま相手の仕事を長年続けてきたからでしょうか。『すごく元気が良くて、年齢には見えない』って言われることが多いかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る