元大映女優・南美川洋子さんが明かした「46年目の真相」

公開日: 更新日:

 映画産業が斜陽に向かっていた1960年代。「ガメラ」「大魔神」などのヒットで気を吐いていた大映も、看板俳優・市川雷蔵の死によって凋落が加速、71年に倒産した。その大映の末期を支えたひとりが、「性典」シリーズで人気のあった南美川洋子さん(66歳)だ。78年のテレビドラマ出演を最後に女優を引退したが、今どうしているのか。

「先日、45年ぶりに大映のOB会に出席したんです。当時の俳優仲間やスタッフの方と再会することができて、とってもうれしかったです」

 東京・新宿の喫茶店で会った南美川さん、こう言ってほほ笑んだ。今も女優時代の華やいだ雰囲気は色あせていない。

「お客さま相手の仕事を長年続けてきたからでしょうか。『すごく元気が良くて、年齢には見えない』って言われることが多いかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  6. 6

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

  7. 7

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  8. 8

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る