県の担当者に聞いた 狩野英孝「みやぎ絆大使」どうなる?

公開日:  更新日:

 未成年との淫行疑惑で活動自粛を発表したお笑い芸人の狩野英孝(34)。24日には、東日本大震災からの復興をアピールする「みやぎ復興情報ポータルサイト」のトップページから、狩野の写真が削除された。

 掲載されていたのは宮城県の復興情報誌「NOW IS」最新号の表紙で、同県出身の狩野が海をバックにたたずむ姿を写したもの。インタビューで狩野は、県が定める「みやぎ絆大使」として塩釜港を訪問し、復興をPRしていた。

 今回の騒動を受け、地元の“顔”とも言える「大使」としての立場も危うくなるのか? 県の広報課に問い合わせたところ、「現時点で除名などの対応は考えていない」と担当者。その理由について、「狩野さん側から大使を退任したい、などの申し出がないため」という。

 大使の任期は来年12月31日まで。狩野の謹慎処分が解ける日はいつになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る