• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故・藤山寛美に師事 曾我廼家八十吉が見た“ホンマの天才”

 松竹新喜劇でデビューし、最近はNHK朝の連続テレビ小説をはじめ、ドラマでも活躍中の曾我廼家八十吉さん(60)。役者の基礎から厳しく、そして愛情を持って育ててくれたのが故・藤山寛美さん(享年60)だ。

  ◇  ◇  ◇

「人の芝居を見ることが勉強や。芸を盗め」「腹で(心を込めて)芝居せえ」「背中でも芝居できる役者になれ」「開け(開演)の5分、10分が勝負や」「“役の者(役柄)”になるから役者やぞ」……。

 師匠の藤山(寛美)先生が亡くなられて、もう27年になろうとしてますが、先生に教えていただいたことや言葉の数々は今も忘れられないですね。実家は京都の北、日本海に面する丹後町にあって、帯とか作る機織りをしていました。高校卒業後、2年ほど家業を手伝っていましたが、役者になりたいという夢をかなえたくて、20歳の時に長兄を頼って大阪に出てきたのです。今から41年前、1976年4月でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る