追悼秘話 藤村俊二さんが語った「美しく謝りたい」の意味

公開日:

「おヒョイさん」の愛称で親しまれたタレントの藤村俊二さんが1月25日に心不全のため亡くなっていた。82歳だった。軽妙な雰囲気に、チラリと見せるダンディズムとシャイな一面。その愛されるキャラクターだけでなく、飄々とやりたいことをやり抜く生きざまに、魅了された人は多かった。

 かつて、日刊ゲンダイの連載「死ぬまでにやりたい3つのこと」に登場。たばこをやめて葉巻にしてから、心にとまった言葉をシガーケースの中敷きの紙にペンで書くようになったというエピソードを披露、こう語っている。

〈(書いた言葉の中に)「美しく謝りたい」というのがあります。これが僕の人生最大のテーマ。「悪かったねぇ」じゃダメ。携帯電話で「どうもすいません」なんてもってのほか。どんな些細なことでも目を見て謝らないと。両親はもちろんカミさん、子供、友達にだって本気で謝れていない。だから、そこら中の人、皆に本気で美しく謝るんです。とはいえ、意識したらダメ。心掛けているうちに、何とはなしに実践できたらいい。3つというより、これがすべてですね〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る