• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼秘話 藤村俊二さんが語った「美しく謝りたい」の意味

「おヒョイさん」の愛称で親しまれたタレントの藤村俊二さんが1月25日に心不全のため亡くなっていた。82歳だった。軽妙な雰囲気に、チラリと見せるダンディズムとシャイな一面。その愛されるキャラクターだけでなく、飄々とやりたいことをやり抜く生きざまに、魅了された人は多かった。

 かつて、日刊ゲンダイの連載「死ぬまでにやりたい3つのこと」に登場。たばこをやめて葉巻にしてから、心にとまった言葉をシガーケースの中敷きの紙にペンで書くようになったというエピソードを披露、こう語っている。

〈(書いた言葉の中に)「美しく謝りたい」というのがあります。これが僕の人生最大のテーマ。「悪かったねぇ」じゃダメ。携帯電話で「どうもすいません」なんてもってのほか。どんな些細なことでも目を見て謝らないと。両親はもちろんカミさん、子供、友達にだって本気で謝れていない。だから、そこら中の人、皆に本気で美しく謝るんです。とはいえ、意識したらダメ。心掛けているうちに、何とはなしに実践できたらいい。3つというより、これがすべてですね〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る