「サバイバルファミリー」が描く “電気なし生活”のリアル

公開日:

 福島第1原発事故時の節電や計画停電以来「電気のない」薄暗い生活を多くの人が体験したが、それら大災害における教訓を再認識できる映画がいま話題になっている。

「スウィングガールズ」(04年)、「ハッピーフライト」(08年)などのヒット作で知られる矢口史靖監督最新作「サバイバルファミリー」(公開中)だ。

「ある朝、目覚めたらすべての電気製品が使えなくなっていた」現代日本の大都市におけるサバイバルを、何のとりえもない父親(小日向文世)率いる4人家族の視点から描く。ハリウッド映画のような災害スペクタクルなどはなく、原因不明なままいきなり「電気なし生活」に放り出される展開。電車もエレベーターも車さえも動かないのに、それでも通勤しようとする都会人の能天気さで笑わせるが、その独創的な発想を映画批評家の前田有一氏は高く評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る