「サバイバルファミリー」が描く “電気なし生活”のリアル

公開日: 更新日:

 福島第1原発事故時の節電や計画停電以来「電気のない」薄暗い生活を多くの人が体験したが、それら大災害における教訓を再認識できる映画がいま話題になっている。

「スウィングガールズ」(04年)、「ハッピーフライト」(08年)などのヒット作で知られる矢口史靖監督最新作「サバイバルファミリー」(公開中)だ。

「ある朝、目覚めたらすべての電気製品が使えなくなっていた」現代日本の大都市におけるサバイバルを、何のとりえもない父親(小日向文世)率いる4人家族の視点から描く。ハリウッド映画のような災害スペクタクルなどはなく、原因不明なままいきなり「電気なし生活」に放り出される展開。電車もエレベーターも車さえも動かないのに、それでも通勤しようとする都会人の能天気さで笑わせるが、その独創的な発想を映画批評家の前田有一氏は高く評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る