• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHKの“本腰”に戦々恐々…ジリ貧「ミヤネ屋」に最大の危機

 宮根誠司(53)が司会を務める日テレ系情報番組「ミヤネ屋」に暗雲が立ち込めている。昼の時間帯では“独り勝ち”状態が続いていたが、最近はフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」、TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」の両情報番組にグイグイ押されているのだ。関東地区の視聴率は7~8%台を保っているが、関西地区では3月に入り5%台を連発。

 しかも、4月からはNHKで、タレントの美保純(56)が司会を務める平日午後の生放送「ごごナマ」がスタートする。「ミヤネ屋」を制作する読売テレビも、15日の改編発表で「NHKさんも午後帯に生情報をやられ、熾烈な時間帯になってくる」と危機感をあらわにした。

 NHKが“本腰”を入れると、恐ろしいことになるのは、朝の時間帯を見れば一目瞭然だろう。V6・井ノ原快彦と有働由美子アナが司会を務める「あさイチ」。有働アナの脇汗が話題になったり、「セックスレス特集」を扱うなど挑戦的な番組作りが支持されている。同じ時間帯の民放ワイドショーを大きく引き離し、視聴率は常に10%台をキープ。3月3日には14・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、もはや“お化け番組”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る