二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

小出恵介は大ダメージ 最近の芸能人は“遊び方を知らない”

公開日: 更新日:

 一般女性が芸能人との関係を告白するのには意図があるもの。

 普通はフラれたことから「困らせたい」という恨みからだが、ベテラン俳優は、「最近の芸能人は遊び方を知らないヤツが多い。きれいに別れないから後でしっぺ返しにあう」という。

 芸能史を見ても、女性から告発されるケースは少なかった。「昭和のプレーボーイ」と呼ばれた俳優の火野正平(68)。何人もの女性と不倫を繰り返しながら、彼を告発した女性は一人としていない。

 別れを有効利用しようとするのが「売名」である。自ら「売名です」と言わずとも、ヌードになって性癖まで赤裸々に告白する女性も現れれば、売名は明らか。もっとも、売名行為は一過性の話題で、一発屋芸人のように消えてしまうのがオチ。

 同じ告白でも先週の「FRIDAY」が報じた小出恵介(33)のような場合はややこしくなる。小出の持つ慶応ボーイらしい爽やかなイメージとは裏腹に「17歳の女子高生と飲酒&SEX」のショッキングなタイトル。小出が事実を認めたことで、事務所は即座に対応。無期限謹慎とすべての仕事の降板を発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る