二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

後輩と共演の壁作らず 中居のジャニ残留は「大人の決断」

公開日: 更新日:

 元SMAPは稲垣吾郎草彅剛香取慎吾の3人がジャニーズ事務所から独立する形で一連の独立騒動に終止符が打たれた。メディアは残留する木村拓哉中居正広よりも独立する3人に注目する報道が目立つ。独立は新たなマネジャーを必要とするが、これが難題のひとつ。タレントを陰で支えるマネジャーがいて人気も仕事も保てる。

 中森明菜が全盛時に何人ものマネジャーを代えた話は有名だが、気心が知れ、あうんの呼吸で分かり合える関係がベスト。独立後の明菜を支えたマネジャーは「彼氏」と伝えられ、演歌界では八代亜紀、水前寺清子はマネジャーを夫にしている。ある種の理想かもしれない。それほどマネジャーとの関係は仕事を大きく左右する。3人はすでに完成形のタレント。新たなマネジャーでは信頼関係を築きあげるまでに時間がかかる。その点、気心も知れ彼らの才能を開花させた元SMAPの女性マネジャーが舵取りするなら安心。なんらかの形で関わるのはほぼ確実。彼らの選択は賢明である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る