二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

後輩と共演の壁作らず 中居のジャニ残留は「大人の決断」

公開日:

 元SMAPは稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所から独立する形で一連の独立騒動に終止符が打たれた。メディアは残留する木村拓哉、中居正広よりも独立する3人に注目する報道が目立つ。独立は新たなマネジャーを必要とするが、これが難題のひとつ。タレントを陰で支えるマネジャーがいて人気も仕事も保てる。

 中森明菜が全盛時に何人ものマネジャーを代えた話は有名だが、気心が知れ、あうんの呼吸で分かり合える関係がベスト。独立後の明菜を支えたマネジャーは「彼氏」と伝えられ、演歌界では八代亜紀、水前寺清子はマネジャーを夫にしている。ある種の理想かもしれない。それほどマネジャーとの関係は仕事を大きく左右する。3人はすでに完成形のタレント。新たなマネジャーでは信頼関係を築きあげるまでに時間がかかる。その点、気心も知れ彼らの才能を開花させた元SMAPの女性マネジャーが舵取りするなら安心。なんらかの形で関わるのはほぼ確実。彼らの選択は賢明である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る