二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ローラも不安吐露 芸能プロの危機管理能力が問われている

公開日: 更新日:

 事務所と所属タレントの間のトラブルが目立つ。のん能年玲奈)、清水富美加西山茉希と契約内容や金銭問題で事務所とのトラブルが明らかになった。最近、ローラも「10年の信頼を裏切られることがあった」と謎のツイートを発信。事務所との間でなんらかのトラブルがあったとみられている。

 こうした事務所絡みの問題はタレントだけでなく事務所もクローズアップされ、芸能プロへの関心度も高まっている。昔は漠然と「芸能界」といわれていたが、今は事務所の内容からある種のイメージまで一般に定着している。芸能界志望者も「○○事務所に入りたい」と野球選手が希望球団を選ぶのと同じ現象が起きている。事務所も将来の「卵」獲得に向けてイメージアップに努める。

「人気タレントが所属していることは今も大事だが、仕事内容、事務所の規模、待遇面など優良イメージも必要。ジャニー喜多川社長をタレントが冗談半分に“ユー”などとエピソードを言うのも、事務所のいいイメージにつながる」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る