碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「マジで航海してます」 コメディエンヌ飯豊まりえに注目

公開日: 更新日:

 毎日放送(MBS)が制作する、深夜ドラマ枠「ドラマイズム」のチャレンジが続いている。

 女子高校生(浜辺美波)が活躍する麻雀ドラマ「咲―Saki―」。料理好きな大学生(上白石萌音)の食ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」。そして特撮番組を愛する若者(本郷奏多)たちの70年代青春ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」など、深夜ならではの狭くてディープなテーマと、これからが期待される新鋭の起用が毎回熱い。

 先週始まった「マジで航海してます。」も、船を操縦する「航海士」を目指す女子学生たちが主人公だ。坂本真鈴(飯豊まりえ)は子供の頃からの船好きだが、石川燕(武田玲奈)は目的意識もなく海洋大学に入学。温度差の違う2人が、1カ月間の乗船実習に参加する。

 ドラマ全体はコメディーなので気楽に楽しめる。特に、アホかと思えるほど前向きで、船への愛情過多な真鈴を演じる、飯豊まりえのコメディエンヌぶりに注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る