「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

公開日:  更新日:

 1990年から2011年までTBS系で放送された橋田寿賀子ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」。通算放送回数508回を数えるこの国民的ドラマで、母に捨てられ中華料理店「幸楽」に居候する少女“かずちゃん”こと野々下加津役を演じたのが、宇野なおみさん(28)だ。えなりかずき演じる小島眞を兄のように慕い、不遇ながらもけなげに生きる姿が印象的だった。今どうしているのか?

 宇野さんに会ったのは都内・茅場町駅に近い弊社ビルの入り口。この日、東京は最高気温30度を超える暑い日だったが、涼しげな笑顔で現れた。

 先月26日に28歳の誕生日を迎えた宇野さん。意志の強そうな顔立ちは子役時代と変わらないが、タイトスカートをさらっと着こなすあたり、すっかり大人の女性に。

 実は宇野さん、昨年は通訳としても働いていたというからビックリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る