不倫とは無縁 ゆず北川と“超円満”高島彩の勝ち組ママ感

公開日:

 終始笑顔だったが、相当痛かったに違いない。

「一昨日ビンを落としてしまい、ひびが入ってしまいました……」と、苦笑いしながら左足中指を亀裂骨折したことを明かしたのは、フリーアナウンサーの高島彩(38)。20日に行われた「ラグビーワールドカップ2019日本大会 2YEARS TO GO FESTIVAL」オープニングセレモニーでは、おぼつかない足取りながらも自力で登壇し、「まさにラガーマン魂!」(タレントの武井壮)と称賛されたのだった。

 同イベントは2年後に迫ったラグビーW杯を盛り上げるため、今後各地で行われるイベントのキックオフを担ったもの。アヤパンは成蹊高校在学時にラグビー部のマネジャーを務めたことに加え、5歳上の兄も成蹊の小中高とラグビー部に所属しており、ラグビーとともに青春を謳歌してきた。それだけに“ラガートーク”はお手のもので「同じラガーマンでもポジションによって体格や性格、キャラクターが違う」と魅力を語り、「個人的にはウイング派」と好みのタイプも告白し、イベントをもり立てたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る