不倫とは無縁 ゆず北川と“超円満”高島彩の勝ち組ママ感

公開日:

 終始笑顔だったが、相当痛かったに違いない。

「一昨日ビンを落としてしまい、ひびが入ってしまいました……」と、苦笑いしながら左足中指を亀裂骨折したことを明かしたのは、フリーアナウンサーの高島彩(38)。20日に行われた「ラグビーワールドカップ2019日本大会 2YEARS TO GO FESTIVAL」オープニングセレモニーでは、おぼつかない足取りながらも自力で登壇し、「まさにラガーマン魂!」(タレントの武井壮)と称賛されたのだった。

 同イベントは2年後に迫ったラグビーW杯を盛り上げるため、今後各地で行われるイベントのキックオフを担ったもの。アヤパンは成蹊高校在学時にラグビー部のマネジャーを務めたことに加え、5歳上の兄も成蹊の小中高とラグビー部に所属しており、ラグビーとともに青春を謳歌してきた。それだけに“ラガートーク”はお手のもので「同じラガーマンでもポジションによって体格や性格、キャラクターが違う」と魅力を語り、「個人的にはウイング派」と好みのタイプも告白し、イベントをもり立てたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る