• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ユリゴコロ」監督が太鼓判 吉高由里子は愛憎が似合う

 23日から公開となる映画「ユリゴコロ」(東映・日活)は、不思議な引力がある。原作は「映像化は不可能」といわれた沼田まほかる氏の同名ミステリー小説。ダークで心がザワザワするストーリーだ。脚本・監督を務めた熊澤尚人氏(50)は、クランクインの前に掲げたビジョンと、主演女優・吉高由里子(29)だけが持つ魅力を引き出すことで見応えのある映像作品に仕上げた。

 本作は、人の死でしか心を満たすことができない女性・美紗子の物語。原作は2012年に大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされた。複数のチームが映画化に名乗りを上げ、激しい争奪戦が繰り広げられたが、企画が動き出した途中で頓挫したケースもあったという。伏線やトリックが複雑で、映像化すると物語として成立しない危険性もはらんでいる。“監督泣かせ”の作品だった。

「イヤミス」(読んで嫌な気持ちになったり、後味の悪さを楽しむミステリー)といわれるジャンルだけにエグいシーンも多い。だが、熊澤監督は「エグさこそが『ユリゴコロ』の持ち味。先の展開が知りたい、続きが読みたくなる原作の世界観をリスペクトして脚本を手がけた」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る