二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ネットは地上波進出の手段 気になるSMAP元マネの次の一手

公開日:

 元SMAP3人の「72時間ホンネテレビ」は嵐が通り過ぎたように終わった。改めて彼らの人気の凄さを感じるが、3日間の累計視聴数が7400万超という驚異的な数字は、話題性、関心度の高さがもたらした部分も大きい。その関心を増すための仕掛けは完璧だった。

 早々に「AbemaTV」出演を発表。市川海老蔵らゲストの名前を小出しにすれば、スポーツ紙が大々的に報じる。ネットテレビの話はネットでさらに拡散。必然的に「どんなゲストが来るのだろう」と関心は高まる。ネット文化の特徴をいかんなく利用した感がある。

 さすがは3人の育ての親である飯島三智女史。辣腕マネジメントぶりは衰えなし。放送開始直後、矢沢永吉がVTRで出演するなど、演出面でも巧みだった。

 計132組のゲストが出演。幅広い交友と応援を得ているように見えたが、「新装開店のお店に花輪を出す上客」のように見れば、上客が新しくなったお店に通うかが繁栄を左右する。ゲストが3人の今後の芸能活動にどう関わっていくかにも関心は向く。ともあれ、ネットテレビは成功したが、課題もある。今回はあくまでもネット世界の話。「テレビ離れが始まり、自由に発信するネットに人々の関心は移っている」と言われるが、つまらなくても地上波は“腐っても鯛”。やはり地上波がメジャーに変わりない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る