小原玲
著者のコラム一覧
小原玲動物写真家

1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として活動。アザラシの赤ちゃんとの出合いを機に動物写真家に転身。新著は北海道でのみ生息し、雪の妖精とも呼ばれる体長14センチの小さな鳥「シマエナガ」を追いかけた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー)。

ろくに生活費入れずに借金 それでも「夫婦円満」の秘訣は

公開日: 更新日:

 2017年のタレント写真集は乃木坂46が席巻中だが、動物モノは「鳥」だ。体長14センチの日本一小さな鳥・シマエナガの生態を収めた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー/講談社)が起爆剤となり、続々と出版されている。ブームの火付け役は、同本の著者で第2弾「もっとシマエナガちゃん」(同)を上梓した動物写真家の小原玲氏(56)。サラリーマンには縁遠い動物写真家は一体、どのような生活を送っているのか。

 小原氏はこの2年ほど、北海道に生息するシマエナガを集中的に追いかけている。これからの時季は真っ白で真ん丸とした姿の成鳥となり、雪の景色と相まったフォトジェニックな一枚を狙う。3日間も調整できれば、自宅のある愛知県から北海道へ飛ぶ日々だが、最も繁忙期は6月、7月。

「シマエナガの巣立ちに加え、昔からウオッチし続けているホタルの撮影で九州にも行く。1年365日、半分近くは留守にしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る