小原玲
著者のコラム一覧
小原玲動物写真家

1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として活動。アザラシの赤ちゃんとの出合いを機に動物写真家に転身。新著は北海道でのみ生息し、雪の妖精とも呼ばれる体長14センチの小さな鳥「シマエナガ」を追いかけた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー)。

ろくに生活費入れずに借金 それでも「夫婦円満」の秘訣は

公開日:

 2017年のタレント写真集は乃木坂46が席巻中だが、動物モノは「鳥」だ。体長14センチの日本一小さな鳥・シマエナガの生態を収めた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー/講談社)が起爆剤となり、続々と出版されている。ブームの火付け役は、同本の著者で第2弾「もっとシマエナガちゃん」(同)を上梓した動物写真家の小原玲氏(56)。サラリーマンには縁遠い動物写真家は一体、どのような生活を送っているのか。

 小原氏はこの2年ほど、北海道に生息するシマエナガを集中的に追いかけている。これからの時季は真っ白で真ん丸とした姿の成鳥となり、雪の景色と相まったフォトジェニックな一枚を狙う。3日間も調整できれば、自宅のある愛知県から北海道へ飛ぶ日々だが、最も繁忙期は6月、7月。

「シマエナガの巣立ちに加え、昔からウオッチし続けているホタルの撮影で九州にも行く。1年365日、半分近くは留守にしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る