キムタクから刺激も 矢柴俊博語る名バイプレーヤーの奥義

公開日: 更新日:

■ドラマ版「電車男」が転機

 やがて映像の事務所に誘われ、舞台一辺倒の演劇人生から、CMなどのオーディションに通う日々に変わった。

「オーディションでは『日本のダスティン・ホフマンです』と言って、ダスティン・ホフマンのマニアックなモノマネをしたり、昔の野球選手の形態模写をしたりしていました。オーディションの場を和ませる『緩衝材』というか、“とりあえず面白いことをやって帰る”ことでキャスティング会社の方に呼んでもらえるように。『みずほ銀行』のCMのお仕事を頂いてからは、一気に他のオーディションにも受かるようになりました」

 そんな中、話がきたのがドラマ版「電車男」(伊藤淳史主演)だった。

「初めは、脚本の読み合わせに欠席者の代役で呼ばれただけでした。この時なぜか『この役をとってやる!』って本気で思ったんですよね。それでオタク役を振り切って演じました。勝負に出たわけです、代役なのに。それが数日後には本番の収録に呼ばれ、レギュラー出演することになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  5. 5

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  8. 8

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    原監督「セ軍もDH制」提言のお笑い OBは「短絡的」と指摘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る