• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタクから刺激も 矢柴俊博語る名バイプレーヤーの奥義

「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)、「真田丸」(NHK)、「30年目の真実~宮崎勤の肉声」(フジテレビ系)などに出演。とにかくテレビで見ない日はない俳優といえばこの人、矢柴俊博(46)。名バイプレーヤー誕生までの道のりを語ってもらった。

 演劇とのかかわりは学生時代の早稲田の演劇サークルからだという。

「当時は小劇場ブームで、早稲田の大隈講堂のまわりには演劇を志す学生たちがジャージー姿で集まっていました。他の先輩劇団には堺雅人さんや八嶋智人さんがいて、堺さんは学生の頃からキラキラした存在でしたね。八嶋さんも実力派で大人気でした。僕は演劇サークルを卒業したあと、CAB DRIVERという演劇チームをつくり、20代はアルバイトをしながら演劇を続ける役者のひとりでした。コールセンターで働いていましたが、サラリーマン役に役立つどころか……なぜかバイトリーダーをやらされましたが、結局、何かあると社員を呼んでくるだけの伝書鳩で(笑い)。仕事中も芝居のことしか考えてませんでしたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る