キムタクから刺激も 矢柴俊博語る名バイプレーヤーの奥義

公開日: 更新日:

「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)、「真田丸」(NHK)、「30年目の真実~宮崎勤の肉声」(フジテレビ系)などに出演。とにかくテレビで見ない日はない俳優といえばこの人、矢柴俊博(46)。名バイプレーヤー誕生までの道のりを語ってもらった。

 演劇とのかかわりは学生時代の早稲田の演劇サークルからだという。

「当時は小劇場ブームで、早稲田の大隈講堂のまわりには演劇を志す学生たちがジャージー姿で集まっていました。他の先輩劇団には堺雅人さんや八嶋智人さんがいて、堺さんは学生の頃からキラキラした存在でしたね。八嶋さんも実力派で大人気でした。僕は演劇サークルを卒業したあと、CAB DRIVERという演劇チームをつくり、20代はアルバイトをしながら演劇を続ける役者のひとりでした。コールセンターで働いていましたが、サラリーマン役に役立つどころか……なぜかバイトリーダーをやらされましたが、結局、何かあると社員を呼んでくるだけの伝書鳩で(笑い)。仕事中も芝居のことしか考えてませんでしたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  9. 9

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る