• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドクターX」視聴率が20%を超えたのは過去全話で何回か

「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が最終回で25・3%をはじき、第5シーズンの幕を閉じた。全話平均で今年の連ドラ1位で全10話のうち7回が20%超え、まさに異次元だ。

 実は全シリーズと1本の特番を合わせると先週の最終回がちょうど50本目。そこで視聴率をチェックすると、20%超は2012年の第1シーズンは後半の2回だけだが、第2シーズン(13年)は9回中8回、第3シーズン(14年)は11回中でなんとパーフェクトの11回!スペシャル(16年)もクリアし、第4シーズン(16年)が11回で10回。そして今シーズンが10回で7回記録した。

 全50回中で39回の20%超え。今の連ドラは5%も珍しくないのに、いかに「ドクターX」がモンスターかわかる。強さの理由は米倉涼子(42=写真)の人気や脇役陣の豪華さだけでなく、中園ミホはじめ、1話完結の痛快なストーリーと歯切れのいい脚本にある。「私、失敗しないので」「ギョイ」などユニークなフレーズも印象に残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事