デビュー秘話が話題 吉川晃司が貫くプロ根性と開拓者精神

公開日:

 歌手のほか俳優としても活躍中の吉川晃司(52)のデビュー秘話とプロ魂が反響を呼んでいる。1984年のシングル「モニカ」から、ヒット曲連発の売れっ子になった吉川だが、芸能界には、自らを売り込んで、デビューのきっかけをつくっていたというから驚きだ。

 広島の修道高校に在学していた吉川は水球選手で全国区の記録を残し、バンド活動も行っていたことで知られる。佐野元春のコンサートに触発されて歌手デビューを志したものの、芸能界にツテはなく、地方ではスカウトを待っていてもはじまらない。そこで第三者になりすました推薦状を芸能プロ各社に送付し、「広島に天才がいるぞ。すごいやつだから見に来ないと一生悔いを残す」などと書いていたという。

 実際に才能があったからこそのデビューであり、ハッタリではなかったのだが、「夢を持ってやろうぜ。親がどうとか、学校がどうとか、関係ない。自分がどうするかだ」などと当時語っていた通り、自ら行動し夢を実現していたのである。25日、NHK昼ワイド「ごごナマ」にゲスト出演した際に明かし、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る