日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鹿児島弁に四苦八苦 鈴木亮平が語る「西郷どん」への意欲

 NHK大河初出演にして主演の大抜擢。2018年1月7日スタート「西郷どん」(林真理子原作、中園ミホ脚本)で主人公・西郷隆盛を演じる鈴木亮平(34)は熱く燃えている。

 役作りのためなら極端な体重の増減もいとわない。ストイックに取り組む姿勢からは燃えたぎる信念を感じる役者だ。「自分史上最高に重い」という体格で挑む西郷役は、渋谷の放送センターに足を踏み入れた途端に標準語を“封印”する徹底ぶり。

「怪しい鹿児島弁をしゃべりまくっています。どうにかして薩摩のお国言葉を習得しようと格闘しているんですが、めちゃくちゃ難しい。セリフ自体はすぐに覚えられても、アクセントに四苦八苦している。いつもより10倍近くは時間がかかっています(苦笑い)」

 多くの役者が一度は夢見る大河ドラマの主役。鈴木本人も目指していたというが、「自分でも驚くぐらい、緊張もプレッシャーも感じていません。心の準備はできていた」と力強く、かみしめるように話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事