鹿児島弁に四苦八苦 鈴木亮平が語る「西郷どん」への意欲

公開日:

 NHK大河初出演にして主演の大抜擢。2018年1月7日スタート「西郷どん」(林真理子原作、中園ミホ脚本)で主人公・西郷隆盛を演じる鈴木亮平(34)は熱く燃えている。

 役作りのためなら極端な体重の増減もいとわない。ストイックに取り組む姿勢からは燃えたぎる信念を感じる役者だ。「自分史上最高に重い」という体格で挑む西郷役は、渋谷の放送センターに足を踏み入れた途端に標準語を“封印”する徹底ぶり。

「怪しい鹿児島弁をしゃべりまくっています。どうにかして薩摩のお国言葉を習得しようと格闘しているんですが、めちゃくちゃ難しい。セリフ自体はすぐに覚えられても、アクセントに四苦八苦している。いつもより10倍近くは時間がかかっています(苦笑い)」

 多くの役者が一度は夢見る大河ドラマの主役。鈴木本人も目指していたというが、「自分でも驚くぐらい、緊張もプレッシャーも感じていません。心の準備はできていた」と力強く、かみしめるように話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る