ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

叔父は上岡龍太郎 兄弟漫才の新星「ミキ」のポテンシャル

公開日:

 ネタの設定や発想にはそれほどとっぴなものがあるわけではない。むしろ、今どき珍しいほどシンプルな形のボケを平気で繰り出してくる。ただ、2人のテンポのいい会話の中でそれが不意に出てくると、思わず笑いがこみ上げてくる。

 もともとは昴生が先に芸人を始めていた。亜生は一度は就職して働いていたが、芸人になる夢が捨てきれず、一念発起して兄とコンビを組むことにした。

 現在、ミキは大阪の若手芸人の中でもトップクラスの人気を誇る。特に、かわいげのある甘いマスクの弟の亜生には熱烈な女性ファンも多い。

 一方、兄弟だから顔は似ているはずなのに、何かが違う兄の昴生はあまりモテていない。学生時代にもリアクションがいいからと不良たちにからかわれる存在だった。芸人になってからも完全な「イジられキャラ」。先輩芸人や亜生に振り回される姿には何とも言えない哀愁が漂っている。

 最近公表されたことだが、彼らは上岡龍太郎の甥である。兄弟揃って若手芸人離れした天才的なしゃべりのセンスを持っているのは、その血筋とも関係があるのかもしれない。レジェンドの血脈を継ぐ者として、今年はさらなる飛躍が期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る