特製焼酎は謎の味 グルメ王アンジャ渡部に“味オンチ疑惑”

公開日:

 もはや芸能界のグルメ王として不動の地位を築いたアンジャッシュ渡部建(45)。

 しかし、最近こんな疑惑が浮上している。とある居酒屋店主の話。

「若手芸人さんたちを連れてよく来店してくれていました。渡部さんが飲まれるのは必ず芋焼酎。でも、飲み方がちょっと特殊なんです。芋は普通ならロック、濃いのが苦手な方は水割りかお湯割りにするのが一般的です。ところが渡部さんは芋焼酎をウーロン茶で割るんです。米焼酎や麦焼酎と違ってクセの強い芋焼酎は、緑茶でもウーロン茶でもお茶類との相性はよくありません。個性がぶつかり合うからです。

 まあ、そこまでは好みの問題でもあるのでいいのですが、渡部さんはさらにそこにレモンを搾るんです。芋焼酎とウーロン茶がすでに合わない上に、さらにレモン果汁はもっと合いません。後輩芸人さんたちは、グルメの先輩の渡部さんが言うんだから間違いないといった顔でみんな同じ飲み方をしてましたが、飲んでみてから内心では『エッ!?』って思ってたはずですよ。試してみれば分かります。芋焼酎&ウーロン茶&レモン果汁がいかにおいしくないか(笑い)」

 以前、テレビ番組で糠床を間違った方法で育てていたことがバレて赤っ恥をかいた渡部。お店を何百軒も知っているからといって舌が肥えているとは限らないもの。外食のし過ぎで味覚がバカになったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る